読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

[作詞]山んば

作詞 創作

山んば

とうに失くしたかんざしの 刃先のように尖がった
山のふもとに小屋かけて 旅人を待つ誘蛾灯
こんな私に誰がした こんな私に誰がした

 



沢に隠れた洞窟の 鏡のように澄みきった
泉の底から手を伸ばす 旅人喰らう般若面
こんな私に誰がした こんな私に誰がした

 

 

8月12日作成。

初期の楳図かずお作品のようなイメージ。

冒頭部分は、「もののけ姫」に似ている。

www.youtube.com

[作詞]湖畔まで

作詞 創作

湖畔まで

今日はおつかい だいじな日
すりばち山の 向こうまで
姉さんかむりに にじむ汗
犬吠峠を 越えてゆけ

 



今日はおつかい だいじな日
野ウサギたちも 道譲る
ふりさけ見れば つづら折れ
山際にじむ 雲を追え

 



今日はおつかい だいじな日
頼みのランプ にぎりしめ
ジュピター映る みずうみで
いのちの百合を 摘んでゆけ

 

8月11日作成。

『モチモチの木』や新見南吉『おじいさんのランプ』なんかのイメージからの着想。

[作詞]ただそれだけ

作詞 創作

ただそれだけ

1万年の眠りから
覚めて だんだら山が 鳴る
もんどりうって 逃げる村びと
そこに意味はない なにも意味はない
ただのあくびが 長いだけ

 



1万年の孤独から
覚めて ごんごろ 山笑う
乳飲み子抱いて 走る村びと
そこに意味はない なにも意味はない
ただ 寝返りを打っただけ

 

8月11日作成。

ダイダラボッチ伝説から着想を得た。

本川達雄『ゾウの時間 ネズミの時間』や

サラマンドラ」も連想。

 

 

 

www.youtube.com

 

保存

[作詞]平成28年のナガサキ

作詞 創作

平成28年のナガサキ

上京からもう7年 とうとうアイツに決めたから
アルバムひらく縁側ないね? 秋桜に話しかけてみる
それでも マックの 月見 買ってきたよ
写真はLineでママにも送るの
こんな日が千代に八千代に つづきますように

 



羽田からモノレールライン 東京タワーが好きだから
三毛猫たちのダンスはわかる? 若手に一応きいてみる
それでも カステラ 文明堂 買ってきたよ
写真の中のグランパにもあげたの
こんな日が千代に八千代に つづきますように

 

8月9日作成。

ナガサキの日、ということで作ってみたけれど、やや陳腐になってしまった。

秋桜」を作詞したさだまさしも長崎出身ということで合わせたつもりだが、伝わらないか。

www.youtube.com

それと、文明堂のCMは猫じゃなくて熊だそうですね。。

www.youtube.com

[作詞]覚えているよ

作詞 創作

覚えているよ

針の穴を通ったラクダ むらさき砂漠を進む旅団
折り紙の星たち レジメンタルの軌跡
これはいつかの恩返しなの わたしを覚えていてくれた
なくしたはずの水差しも ホラ もとどおり

 



海を切り裂く魔法の杖 竜の城まで進む階段
空へ続くアーチ フェアリーテイルの続き
これはいつかの恩返しなの ぼくらを覚えていてくれた
なくしたはずのクリスタル ホラ もとどおり

 


かじりかけのリンゴ入り クリームシチュー、今夜のごはん
お手伝いのエプロン ドールハウスは休み
これはいつかの恩返しなの それでも覚えていてくれた
なくしたはずの時間でも ホラ もとどおり

 

8月8日の作成。

友達の娘さんの話や、ポケモンGOに勤しむ大人たちの姿から着想を得た。

おもちゃのチャチャチャ」、「月の砂漠」、「クマのぬいぐるみ」から影響を受けていると思う。

www.youtube.com

おもちゃについて、何かと親に敵視されがちなテレビゲームのモチーフを意識して取り上げて、時代に合った内容を目指した。

他方で、冒頭の一節は聖書のイメージで統一することで教育的配慮もしてみた。

[作詞]夏の墓標

作詞 創作

夏の墓標

滑走路みたいに伸びてる
大学通りの夕暮れ
ファミマで買う ガリガリ君 水色
今日も一日 ごくろうさん

飛行機雲が横切る
三角屋根の駅舎で
同じ電車の 弥勒のような 横顔
今日も一日  ごくろうさん

もう帰らない日々 もう帰らない日々
国立 国立

もう帰らない日々 もう帰らない日々
国立 国立 Ah

変わらないで売ってる
ソーダの味を確かめ
棒切れ並べて 数える 遠い日
今日も一日 ごくろうさん

 

8月8日に作成。今のところ唯一の曲先。

友達の曲に詞をつける試みで、弥勒のような横顔といった、少し楽屋オチが混ざっている。

[作詞]くびながりゅう

作詞 創作

くびながりゅう

夏の夜空 くびながりゅうが舞う
あちらこちらに いなびかり
ビルはまばらな 多摩なのに
窓を開ければウロコの臭い
海も見えないまちなのに



りゅうのひげ雲をくすぐり揺れる
蝉も鳴きやむ いなびかり
中央線は 動くのに
涸れ川が息吹き返す奇蹟
ゴジラも来ないまちなのに

 

8月7日の朝に作った、第1作。

布団の中で浮かんだイメージと数日前の稲光のイメージなどが混ざる。

千と千尋の神隠し」の影響も感じられる。